2018年05月

五大尊と摩利支天社 埼玉県越生町

 

越生町の五大尊と摩利支天社に、お参りに行きました。

以前、ツツジの季節に来たことがありますが、ここの駐車場に向かう車でいっぱいでした。諦めて帰った記憶があります。

今の時期は、サツキが咲いていますが、種類は赤のみで数も少なく寂しいです。

ツツジ以外の時期は、いつも空いています。

 

五大尊  埼玉県入間郡越生町黒岩303 地図

五大尊に登るところは、四国八十八カ所の石碑があります。

 

五大尊

 

 

摩利支天社は、五大尊の下を南に行けば、間違えずにいけます。五大尊つつじ山から大高取山への登山道にあります。

新編武蔵野風土記にある今市村(現越生町)摩利支天社(個人持ち)が、たぶん今の摩利支天社と思われます。

西国札所の法華山一乗院の碑の脇を登ると、摩利支天社はすぐです。

 

 

滑りながら着くことが出来ました。

摩利支天社に到着しました。つつじ園の南端からは、すぐの場所にあります。

前日の雨のため、かなり滑りました。下るときは、木の枝をつかみながらの下山です。

靴は滑らない種類でしたが、ハイキング用が必要です。

 

越生町には、あじさいやま公園にも摩利支天が祀られています。ブログ

 

移植した寒椿に芽が出てきました

新大型墓誌の建設のため、先月植え替えた寒椿に、新しい芽が出てきました。昨日はなかった芽です。幹から出た赤い部分が新芽です。

葉がついていた部分は、新葉となっています。

 

 

かなり枝を伐採したため、暑さに負けて芽が開かなかったり、木全体が弱り枯れ枝になる可能性が残っています。

週二回の水やりは、必ず行うようにしていますが、あと数年は気が抜けないと思います。

 

 

このまま新芽が大きく育ちますように!

 

さつき

境内のサツキが咲いています。

毎年、この花を楽しみにしている方も多いようです。

 

 

 

紫陽花は、まだまだ先です。

 

営業さんが仏像見学

先日来られた寺院関連の営業さんが、営業そっちのけで、仏像見学となりました。

 

実家の菩提寺が浄土宗で、阿弥陀様に興味があったそうです。

 

 

話を聞いてみると、最近この会社に入ったばかりでした。

前の会社は、誰でも知っている大企業です。ただし、その方の部署は「へえー !」と思うような仕事をしていました。確かに、内部でも知らないような仕事も、大事なことなのでしょう。

なぜ会社を辞めたのか聞くと、前の上司は良かったのですが、新たに来た上司は何も知らないのに、あれこれ新たな提案をしたそうです。

間にいたその方は、無理は無理と話しても聞き入れてもらえず、やむを得ず退社となったと話していました。

 

今の会社は、全く関連がないのですが、仕事が映像関連でしたので、入社できたそうです。

そこでは、さらに通販に力を入れるために、経験者を募集していました。私もその会社では、ネットで注文しています。聞くと寺院関連だけでなく、他の事業関連の通販にも力を入れる予定なのだそうです。ただし、ネットでの注文より、営業からの率が遙か高いようです。

そのため、ネットで注文があったお寺中心に、ネットへの意見を聞くこともかねて挨拶に来られたようです。私のところは、パンフレットは送ってきますが、その会社の営業が来られたのは、初めてでした。何処の会社も生き残り対策で大変ですね。

それ以上に営業さんは大変かと思いましたが、家のローンも終わり、子供も就職したので、可能だったようです。

 

前にいた会社のその後を聞くと、「元部下から、時々電話が来ます」とのことでした。上司の蒔いた種で一人がいなくなり、新たな補充もなく、お客さまに迷惑を掛けないようするのに手一杯だそうです。

 

青面金剛の掛軸

 

青面金剛の石仏は、各地で見ることが出来ます。

結構な割合で、現在に伝わっていますが、名前を知らない人が多いのではないでしょうか。

昔は、三尸蟲から身を守るため、庚申様の前で一晩寝ずに行事を行っていたそうです。

 

その時に使用されていた江戸時代の掛軸なのでしょう。

三面大黒天の記事を読んでいたとき、青面金剛の像を見たチベットの僧侶が、「マハーカーラだ」と言っていたと書いてありました。

そもそも仏教でなく、道教から来た考えです。密教の仏様を庚申に取り入れた像ですから、似たような仏さまもあるでしょう。

 

 

三面大黒天

 

確かに三面大黒天に似ていますね。

永代供養塔 二基めの大型墓誌完成

 

永代合同法要に間に合うように、二基めの大型墓誌が完成致しました。

結構経費は掛かりましたが、年々石が値上がりし、先延ばしにすると大変な金額になりかねません。

納骨の方々に負担のならないようにしていますので、墓誌彫刻は、赤字すれすれです。

私が生きている間は、作らなくとも良いように、さらに大きくなりました。

大きな石は、これ以上の大きさでは、輸入するにも大変なことになるようです。

 

こんなに厚く生コンを入れるのかと思いました。かなりの量です。

1トン以上あるそうです。

 

 

合同法要前日に完成致しました。

 

5月13日の合同法要

 

第9回永代供養合同法要

今日は永代供養塔に祀られている各霊の供養の日です。

雨の心配がありましたが、どうにか持ちました。所によっては雨が降っており、参加を見直した方もいたと思います。

やはり昨年より、約30人は少なかったようでした。

10時半から法要開始です。

 

全員がお焼香の後、般若心経などをお唱え致しました。

 

本堂での供養が終わり、落語家の瀧川鯉橋師匠の奉納落語です。

最初は日本昔話から笑いを取ります。

次第に穏やかな笑いから、古典落語に移りました。

お題は「井戸の茶碗」でした。正直者のくず屋と、またまた正直者の武士の話です。

この話は、あらすじは忘れていましたが、何度か聞いたこともあります。

若い噺家さんには出せない味わいがあります。

参列者の皆さんは、十分楽しんでいただけたと思います。

 

 

次に永代供養塔の前でお焼香をする間、般若心経をお唱え致しました。

何人かの方が、ご一緒に唱えてくださいましたので、楽をさせていただきました。

 

 

 

師匠の妹さん家族も来られていましたので、一緒に記念撮影です。

 

皆さんお疲れ様でした。

興教大師覚鑁聖人と一行阿闍梨の掛軸

この掛軸は両方とも工芸品です。

当寺は新義真言宗系の真言宗智山派に属します。他にも豊山派、新義真言宗があり、両祖大師として弘法大師と興教大師覚鑁上人は、大事な方々です。

 

 

お勤めの時や、ご法事には、必ず両祖大師の御法号「南無大師遍照金剛」「南無興教大師覚」とお唱えいたします。

興教大師覚鑁聖人は平安末期の嘉保2年(1095年)-康治2年(1144年)の僧侶で、高野山の座主を務めていました。

訳あって山を下り弘田荘内に移り、根来寺の祖となりました。
今の根来寺は規模が小さいですが、室町時代には450の坊があったそうです。

豊臣秀吉に根来寺は焼かれ、多くの僧侶は全国に散らばりました。

 

根来寺 根本大塔

徳川側であったために、江戸時代には重用されたようです。智山派、豊山派、新義真言宗は、関東に多くの寺院があります。

 

一行阿闍梨は、真言八祖の一人です。

 

 

向きが反対になりますが、興教大師像とほぼ同じ図柄です。うっかり興教大師と間違えそうです。

興教大師 もう一つのブログ     

色々な大黒天さま

当寺は武蔵野七福神の札所です。

色々な七福神様を集めてみようと思いました。その内の大黒天様です。

 

現在、よく知られているお姿の大黒様。

 

小さな大黒天

おそらく明治時代の大黒天

大黒天は、インドのヒィンドゥーの神様でマハーカーラとして、今でも信仰されています。マカカーラともよびまする

マハーは大、カーラは時で死も意味するのだそうです。カーラは暗黒と訳され、大黒天となりました。

本来は、恐ろしい神なのですが、その神を祀ることにより、災いを避けようとする考えがあったようです。

 

下の図は胎蔵界曼荼羅にある大黒天(摩訶迦羅天 マカカーラ)と同じです。摩多利神としても信仰されていました。ブログlink

三面の図ですが、後世には大黒天、毘沙門天、弁財天が三体合体されている御尊像が知られています。

 

三面大黒天(摩訶迦羅天)

 

大黒天が大国主命と一体になり、日本的服装になったのは、平安中期頃のようです。次第に福神としての信仰に移行していったようです。

戦国時代、大黒天(摩訶迦羅)は戦闘神として武将の信仰がありました。そのころ民間では大黒天を、福神として信仰しており、異なる立場での信仰が残されていたそうです。

 下の大黒天は、江戸初期の像ですが、私たちが知っている福神らしい姿に移行する過程のようです。まだ頭巾は大きくなく、手は拳印です。

印は槌握りとも言われ、これが大槌に変わったと聞いています。女握りとも言われます。

 

 

正面が大黒天、右が弁財天、左に毘沙門天の三像が一体となった御尊像です。今は手元にありません。

素焼きで、明治時代に量産されたものです。

明治時代になると、豊臣秀吉が信仰していた三面大黒天に因み、 三面大黒天信仰が大流行したそうです。よく知られているのが、京都・高台寺塔頭の圓徳院でしょう。

 

 

大黒天は、恵比須大黒の対で祀られている事が多いですね。

 

山形県にある岩根沢三山神社の大きな恵比須大黒像です。ブログ

 

ユーチューブ                  

お花に蝶々

蝶が舞っていましたが、なかなか写真に撮ることが出来ませんでした。

運良く撮れた蝶です。

 

 

でも、どのような名の蝶か分かりません。アゲハ蝶だと思うのですが。

 

 

裏からも撮ろうとしたのですが、飛んでいってしまいました。

ページ上部へ