2021年03月

真宗高田派 本寺 高田山専修寺 栃木県真岡市

真宗高田派本寺専修寺に参拝したのは、一度お参りしたかったことはもちろん、この宗派には釋○○□□信士の戒名があることでした。

浄土真宗では釋○○だったはずです。

当寺檀家となった方が真宗高田派末寺より、この信士の戒名を葬儀で付けていただいています。

ならば直接専修寺に詣でて、聞くのが一番と思い出かけました。

 

御影堂

 

親鸞聖人が初期真宗教団の寺院をここに建立されています。

 

 

浄土真宗では釋○○のはずと思っていました。

ネットで調べると、確かに信士号があるのです。

 

事務所受付で係の方に、お話を聞くことが出来ました。

答えは簡単です。

東日本などでは信士信女、居士大姉が当たり前の地域です。

本来は釋○○では納得していただけないために、釋○○□□信士としているのだそうです。

全ての地区ではないようです。

 

 

東西の浄土真宗のように関連寺院の多い地域に置いては釋○○だけで良いのですが、檀家さんの要望に応えたためのようでした。

 

如来堂

 

墓地に行くと墓誌に釋○○□□信士や△△院○○□□信士などの戒名が彫ってありました。

釋○○はありません。

 

 

また素晴らしい話も聞くことが出来ました。

この担当の方は、元々は真言宗の僧侶でした。

どのようなわけで真宗高田派の僧侶になったかは聞いていません。

 

浄土宗・浄土真宗の説く阿弥陀さまの世界は、曼荼羅の阿弥陀如来の世界だけをわかりやすく説いた世界だと話されました。

 

涅槃堂の釈迦涅槃像

 

阿弥陀さまは光り輝く仏さまで、その世界も光り輝いているのです。

確かに阿弥陀如来の梵名のアミターバは「量(はかり)しれない光を持つ者」であり、曼荼羅の世界も中心となる大日如来を中心に、光り輝く仏さまの世界をあらわしていると話されました。

まさに私の考える世界と同じなのです。

 

また真言宗で唱える理趣経も、光り輝く仏さまの世界を説いているのですと行っていました。

まさにその通りです。

 

太子堂

 

私は常々、亡くなると必ず光り輝く仏さまの世界に行き、光り輝く仏さまになると話しています。

宗教・ 宗旨宗派にかかわらず、同じ世界に行くと思っています。

お釈迦様が後世に色々な世界を作るはずがありません。

 

高田山専修寺 栃木県真岡市高田1482 地図link

 

二宮尊徳資料館 桜町二宮神社 栃木県真岡市

二宮尊徳記念館

目的の場所に向かう途中、二宮尊徳資料館がありましたので寄ることに致しました。

旧二宮町は二宮尊徳を敬慕する地域の方々によりつけられています。

 

 

表に二宮尊徳(二宮金次郎)の銅像が迎えてくれます。

中には等身大の像もありました。背の高い力強い姿だったようです。

 

二宮金次郎は小田原藩主大久保忠真公の命により、復興のために、文政6年(1823)に一家で移り住みました。

この地(桜町)で 荒れ地を田畑に開墾しただけでなく、道路の整備、家屋の修復、凶作対策として作物の作付けをすることにより、天保の飢饉を乗り越えることが出来ました。

 

詳しくはユーチューブを見て下さい。二宮尊徳の桜町仕法link

二宮尊徳記念館 栃木県真岡市物井2013−2 地図link

 

桜町陣屋跡

 記念館の西脇を行くと桜町陣屋跡があります。

小田原城主・大久保加賀守忠朝の3男宇津教信が、元六12年(1699)に桜町4000石の分家して陣屋を置きました。

ここで金次郎は26年間住み、復興につくしています。

 

 

桜町二宮神社

記念館の東には参道があり、桜町陣屋の東にあたる場所に桜町二宮神社があります。

二宮尊徳没後50年の明治38年、桜町陣屋隣に創建されています。

 

 

二宮尊徳没後50年の明治38年、桜町陣屋隣に創建されています。 

 

蓮城院の二宮尊徳娘・文子墓

記念館の南側に蓮城院があります。

 

 

領主・宇津汎之輔夫妻の左り脇に、尊徳娘・二宮文子の墓石があります。

 

 

 

尊徳終焉の地である日光市今市の報徳二宮神社の裏に二宮尊徳の墓があります。

 

曹洞宗 東昌寺 埼玉県嵐山町

武蔵嵐山駅近くにある曹洞宗の寺院です。

道路に面した石仏にひかれて参拝することに致しました。

 

 

境内駐車場に入れると園児が遊んでいました。

邪魔になってはいけませんので、急いで撮影して退散です。

 

 

比較的新しそうな山門です。

中には石像の仁王様が祀られています。

 

 

なかなか迫力のある御尊像です。

四天王も祀られています。

 

 

全てが新しくなっている寺院ですが、こだわって整備されたことがうかがわれます。

 

東昌寺 埼玉県比企郡嵐山町菅谷11−3 地図link

 

 

曹洞宗 宝城寺 埼玉県嵐山町

宝城寺には摩利支天の石碑が祀られていますので、他の寺を参拝する途中に、急遽寄ることいたしました。

武蔵メモリアルパークを経営しているようです。

 

 

よく整備された寺院でした。

 

 

一角に摩利支天の石碑が祀られています。

 

 

 

宝城寺  埼玉県比企郡嵐山町志賀1478  地図link

 

 

 

 

木曽義仲産湯の清水 鎌形八幡神社 埼玉県嵐山町

このあたりには木曽義仲関連の遺跡が残されています。

先ずは木曽義仲産湯の清水がある鎌形八幡神社へ参拝致しました。

 

 

この神社は坂の上田村麻呂が宇佐八幡宮を勧請したのが始まりと伝えられています。

 

 

源義賢、義仲、義高三代の伝説が、この地に多いとありましたが、ネットを調べると確かに他にも出てきます。

 

 

中世には修験の地となっており、現在も祭神として僧形八幡像を祀っているようです。

 

 

 

義仲は仁平三年(1153)に大蔵の館で生まれています。

他にもここだけでなく六カ所泉があったようですが、現在はここのみになっています。

 

 

ここで追記大河ドラマ「青天を衝け」の撮影が、9月4日と5日に行われました。

 

鎌形八幡神社 埼玉県比企郡嵐山町鎌形1993    地図link

 

 

慈眼寺の経蔵 埼玉県秩父市

秩父観音札所の十三番の慈眼寺です。

薬師堂は目に霊験があると、札所以外にも多くの参拝者があるようです。

 

観音堂

 

ここの経蔵には、秩父札所を創建した十三権者像が祀られています。

 

中に入ると輪蔵がありました。一切経1630巻が納められており、回転させることが出来ます。

 

正面には​聖観世音菩薩、阿弥陀如来、聖徳太子が祀られていました。

 

秩父札所を創建した十三権者像です。

 

観音札所は秩父妙見との関連が強い札所だと思います。

画像は以前撮影致しました。状況が変わっているかも知れません。

 

慈眼寺  埼玉県 秩父市 東町 26-7  地図link             慈眼寺ホームページlink

 

和泉式部の掛軸 百人一首 あらざらむ この世の外の 思ひ出に

和泉式部と百人一首を描いた巧芸品の掛軸です。

作者は狩野探幽ですが、本物ならばとても手に入れることは出来ません。

高校時代は古文が苦手でした。恥ずかしい限りです。

 

 

あらざらむ この世のほかの 思ひ出に 今ひとたびの 逢ふこともがな

 

 

意味に関しては検索して調べてください。「あらざらむ‥‥」意味link

字が薄かったために、画像を調整しています。

 

 

 

検索では同じような構図の絵はありますが、元になった絵は見つかりません。

同じ会社から出版されてと思われ根紫式部などの掛軸も見つけることも出来ました。

 

ページ上部へ