2018年09月

いいものはいいね-墨彩画

 

先日紹介した渡辺俊明の作品を阿弥陀堂に飾りましたが、お堂内の石材店社長が欲しがっていましたので、ネットオークションで他の作品をゲットしました。

「いいものはいいね すきなものはすき」両手を合わせています。

 

今日、社長にはこの絵を渡しました。

いつも世話になっているのですから、まあたまには良いでしょう。

 

 

阿弥陀堂に飾った渡辺俊明の作品です。開いているときは、いつでもご覧になれます。

 

 

 

中国の青銅器 食人虎卣 殷(商)後期

4,5年前に求めた食人虎卣の古銅器です。卣はユウと読みます。つる付きの小ぶりのつぼで、お酒を入れる祭器なのだそうです。

Wikipediaにも同じような画像がありました。

本物なら殷後期(紀元前12世紀ごろ)です。違う時代かもしれません。殷は商ともいいます。

食人虎卣」と検索すると画像が多種類出てきます。

 

とにかく古い骨董品が一点でも欲しいと、無理して求めました。

 

足と尻尾で立っています。

虎の足の上に人の足が乗っています。

 

邪鬼を食べようとしているとか、人を守っているとの意味があるようです。

人を抱えているのは、龍の尻尾に見えます。前から見ると手で抱えているのかと思いました。手を現しているのかもしれません。

 

トトロに見えます。

ここの蓋からお酒を出し入れするのだそうです。

 

蓋の取っ手は鹿のようです。

 

 

いろいろな文様がありますが、知識が無いので、さっぱり分かりません。

殷後期なら良いのですが。

 

 

 

聖徳太子の掛軸

 
聖徳太子の掛軸です。
中山秋湖が描き、中村不折が賛を書きました。    中山秋湖          中村不折
 
聖徳太子の像や画像は、稚児の姿をしている場合が多く見られます。
明らかに40代の図のはずが、美豆良姿で描かれてることがあります。
子供や老人は、神であるとの意識があったようです。中世の童子信仰に関連あるそうです。  中世の童子形

 

 

中村不折の賛
 
以前、川島町の遠山記念館に行くと、遠山邸に不折の書がかかっていました。
遠山記念館は重要文化財になりました。       遠山記念館      
 
 
 

小さな聖徳太子像も祀りました。懸仏と思います。

 

智山派僧侶 鈴木諦全師(号宥鳳)の桃王母之図掛軸

桃王母之図

 

私が属する真言宗智山派僧侶の鈴木諦全師の肉筆掛軸です。

東海教区地蔵寺住職、教区長、布教師として活躍されました。

 

西王母を描いた図には、多くに桃が描かれています。

この桃は不老長寿の桃です。

この図には文字のみで西王母は描かれていませんが、桃は不老長寿として描かれ、縁起の良い絵です。

西王母は崑崙産山に住み、中国では神様としてとて信仰されています。

西王母 Wikipedia        

 

渡辺俊明の良縁・悪縁・両縁あってご縁なり-十一面観音墨彩画

最近求めた絵です。

以前は渡辺俊明の作品を良く目にしました。

 

渡辺俊明の作品

「良縁あってよし  悪縁あってよし  両縁あってご縁なり」

 

私は良い縁ばかり求めようとしています。

 

 

裏面には、「この世は ご縁をいただきにきたところ  俊めい」とあります。

 

実際に近くで見ると、さらに良さが分かります。

境内の阿弥陀堂に飾りました。

似たようなお顔の女性達が、毎日のようにコーヒーを飲みに来ています。(怒られるかな!)

気軽にお越し下さい。

 

※追記

時々、阿弥陀堂に来ている女性が、渡辺俊明の工房に招かれていったことがあると話していました。

ご主人の親戚が手伝いに行っているそうです。

工房で直に作品の裏と作品集の本に文を書いて頂いたのを持ってきました。

裏面に文字があるのは、工房で書いて頂いた作品かもしれません。

 

 

今はない観音さま二体

千手観音様

千手観音立像

お寺ではなく、私個人で求めた観音さまです。

お世話になった方にお譲りいたしましたので、現在は祀られていません。

聖観音様

聖観音様鉄仏立像

まだ金鍍金が残っています。

骨董屋さんに聞くと、都内のお寺さんから出た仏様と言っていました。事実ではないかもしれません。

 

この仏様ではありませんが、骨董屋さんには地方のお寺から、かなり数が買われて来ているようです。

ある骨董屋さんは、個人所有していた像より、お寺から出た像が遙かに多くあると話していました。その内の何点かが、当寺に祀られています。

 

この像は、ある宗教施設に祀られています。

 

彼岸中の葬儀

彼岸中にも葬儀は、たまにあります。

しかし、地元の飯能斎場で秋彼岸中は久しぶりです。

以前あったときは、秋彼岸の初めでしたので、日高市の巾着田に向かう車で、299は大渋滞でした。

この時もかなり早く出かけたのを思い出します。

 

 

昨年は、天皇皇后両陛下がお見えになりましたので、今年はさらに渋滞の可能性がありました。

火葬場でも、彼岸中は出来るだけ299を避けて、早めに出るよう要請してあったようでした。

数日前は道路が大渋滞、電車も満杯だったそうです。

 

お中日後の25日でしたが、念のため何時もなら1時間半前に着く時間に出かけました。

彼岸花も終わりの頃でもあり、また雨の予報でしたので、スムーズに着きました。

 

 

 

ちなみに今日の司会の女性は、今年亡くなった某有名歌手の司会を依頼されながら、他に用件があり断った方です。

気配りが、いつもすごいなと思っていました。見ている人は、やはり見ているのですね。

 

 

お葬式が終わり、外を見るとザーザー降りになっていました。

白い萩が、雨のため地面に着いています。

 

天気予報が当たりです。これでは巾着田に行く人はいませんね。

 

羊の掛け軸

平成26年、翌年の未年用に、御本堂に掛けるため求めた「羊」の掛け軸です。

 

羊の掛け軸

羊部分

讃は名が書かれていますが、達筆で読めません。

絵の作者は不明です。

 

雛人形の掛け軸

ひな人形の掛け軸

明治21年春

号・光俄の71歳の作品です。

季節外れなのですが、古いデジカメ画像を見ているとひな人形の絵が描かれた掛け軸を見つけました。

 

 

可愛いお顔をしています。

孫の顔の方が、遙かに可愛いですが。

 

木花咲耶姫の掛け軸

木花咲耶姫

木花咲耶姫は記紀に書かれている日本の神様です。

富士山・富士浅間神社の祭神として知られています。

安産・子育ての神としても信仰されているようです。

 

私が調べていた妙見菩薩の石仏に「名山壽行」名が彫られている物があり、辰の上に「富士山」「○」(太陽)や「月」が彫られている碑もありました。

 

 
名山壽行こと加藤平左衛門の富士信仰と妙見信仰の結びつきです。開成町広報 link    

 

 

ページ上部へ