日枝神社 千代田区

日枝神社は河越氏の子孫である江戸氏により、山王宮として祀ったのが最初です。

元になった川越市の日枝神社は、喜多院の近くにある小さな神社です。

太田道灌が江戸城を築城のおりにも大切に祀られたようです。

現在の場所に移ったのは、江戸時代の徳川秀忠の時でした。

以前なら何でもない階段ですが、かなり厳しい思いをしました。

途中からエスカレーターがありますので、これを使用する方が楽と思いましたが、無理して登りました。

かなり高い場所にありました。

御本社の左右には狛犬ならぬ狛猿でした。

 

車でも山上まで上れるようです。

 

日枝神社 東京都千代田区永田町2丁目10−5 地図

          ホームページlink

 

この後、正面の門から国会議事堂に向かいました。

意外と近いので、更に皇居まで歩きました。

 

ページ上部へ