篠塚伊賀守御廟 群馬県邑楽町

邑楽町である神社と寺を探していると、篠塚伊賀守史跡の看板がありました。

名前は知っていますが、どのような武将かは覚えていません。

 

ここは浄土宗大信寺の境内ですが、墓の駐車場は駐められないため、急いで写真を撮って他に向かいました。

大信寺の駐車場に駐めさせていただき、ユックリお参りすれば良かったと後悔です。

 

墓前に不動明王の石像が祀られていました。浄土宗であれば珍しいですね。

 

急いで手を合わせました。

 

看板がありましたが、デジカメで写しただけです。

あとでユックリ読みました。

畠山重忠の六代目子孫だったのですね。

足利氏を快く思っていなかったに違いありません。新田義貞などと共に反旗を翻したのは、当然だったのでしょう。

篠塚 重広は広島県の因島、あるいは愛知県上島町の魚島で没したそうです。後世に地元の方々が偲んで墓を建立したのでしょう。

ここのお墓は後世に建立された供養塔なのではと思います。

 

篠塚伊賀守御廟所     地図

篠塚伊賀守Wikipediaリンク

 

ページ上部へ