妙見堂下の宝鐸草 ホウチャクソウ

いつの間にか少しずつ株が増えています。

宝鐸草(ホウチャクソウ)は、ネットで調べて名を知りました。ユリ科だそうです。

 

 

馬頭観音さま前にも。

 

葉や茎は小さなユリですが、花はスノーフレークに似ています。

 

 

折れないように茎をあげて、撮ってみました。

 

心ない人に持って行かれる心配があります。

以前、ある変わった色合いの花が咲いたことがありました。咲いた翌日には無くなっていました。

その年、同じ色の物をたくさん求めましたが、翌年咲くと少しずつ減っていました。

今その花は何倍にも増え、持ち去る人はいなくなりました。

 

  ←月刊住職5月号に掲載されました 新型コロナ対策             今日の花々

ページ上部へ