台湾の寺院 臨済宗 法水寺 群馬県渋川市

法水寺の総本山は、台湾の「佛光山光山寺」です。

日本に於いては、東京、山梨、大阪など、各地に寺院と道場があり、ここが日本における本山となっています。

 

 

下の案内板は、まだ工事中に撮影されたようです。

まだ完成から2年しか経っていません。

以前何度か前を通っていましたが、始めて参拝させていただきました。

 

 

駐車場から御本堂を見れば、背後に水沢山が控えています。

駐車場と参拝の料金は無料でした。年中無休です。

 

 

階段の正面には、大きな布袋様が祀られていますが、中国や台湾では弥勒菩薩として信仰されています。

 

 

久しぶりに長い階段を登りました。

 

 

 

御本堂前には、たくさんの牡丹が並べられていました。

境内に3000鉢あるのですが、今年の花の最盛期の5月はコロナのため訪れる人は人が少なかったと話していました。

 

 

御本尊様は、お釈迦様ですが、ミャンマーの御尊像を模してあるのだそうです。

高さが5メートルもあります。まさか石仏とは思いませんでした。台湾から運ばれてきました。

 

 

天井の蓮の絵は、台湾から来た画家さんの作品だそうです。

 

 

壁面には、たくさんの仏さまが祀られています。向かって左側が阿弥陀如来、右側が薬師如来です。

 

 

  本堂内の韋駄天像

 

順序は逆になりますが、受付を済ませて最初の部屋にて説明がありました。

最初の部屋に立派な千手観音様が祀られています。

 

僧侶は尼さんばかりでした。

 

 

出口には食事が出来る場所がありました。

赤城山などの景色を眺めながら食べることが出来ます。

食後にここに来ましたので、次回参拝することはないかもしれませんが、もし来られたときは食べるようと思います。

 

 

まだ寺のホームページは作成中です。今年中には出来るようです。

情報が参拝した方のブログなどしかありませんでした。

座禅や写経も出来ますが、予約制でした。ホームページが出来れば、発信力が増しますので、参加者・参拝者も増えると思います。

 

法水寺 群馬県渋川市伊香保町伊香保637−43 地図

 

←河川敷の彼岸花                伊香保の蕎麦畑 渋川市→

 

ページ上部へ