吉川英治記念館 東京都青梅市

以前にも何度か梅の花が見頃の頃、ここに訪れています。

吉川英治が戦時中に疎開先とし、9年5カ月住みました。「宮本武蔵」や「私本太平記」などの作品でよく知られています。

吉川英治ウィキペディアlink

昭和52年より記念館として運営されていましたが、昨年に青梅市の施設として運営されることになりました。

 

先ずは受付を済ますと母屋を見学しました。

展示館以外は撮影が可能ですので、百枚近く撮影しました。

 

栄治がここや洋館で原稿を書いていました。

 

多くの作品が本棚に置かれています。

 

屋敷の庭園を見学です。

 

 

ここには貴重な原稿や手紙などが展示されていました。

ビデオでは貴重な情報が流れてきます。特に奥様の映像が記憶に残りました。

 

展示館を見学後、また広い庭園を散策しました。

手入れや掃除が大変だと思います。

 

吉川英治記念館 東京都青梅市柚木町1丁目101−1 地図link                  吉川英治記念館ホームページlink

 

ページ上部へ