成田山清宝寺 東京都青梅市

成田山の分院は各地にありますが、必ずしも真言宗智山派ではありません。

醍醐派、豊山派の後に単立となった修験の寺です。

 

開山は宇多天皇の御代ですので、かなり古い歴史がありますが、詳しい記録は残されていません。

成田山不動明王の御分身を祀って成田山を名乗りました。

 

 

 

石仏が祀られていましたが、線刻の不動明王でした。

山城國大本山三寳院門跡とありましたので、醍醐派時代の石仏と思います。

 

 

 

清宝院は青梅七福神の内、恵比須尊を祀ります。

 

 

向かって左が稲荷、右が牛頭天王のお社です。

 

 

毎年境内では火渡りの儀式が行われます。

 

成田山清宝寺 東京都青梅市大柳町1203 地図

 

 

ページ上部へ