風のためお焚上げは火を着けず

毎年1月最後の日曜日は、午前9時よりお焚上げを行っています。

寺ではなく地域の行事です。

 

風が強く掛軸が舞っていました。

火を付けると危険なために拝むだけに致しました。

 

 

コロナのため妙見さま祭礼も二年も護摩供を中止しています。

そのため御札の数が少ない上に、火を着けることなく終了せざるを得なくなったのは、残念でしかありません。

 

家内安全、除災開運などと共に、コロナの終息を祈りながら務めさせていただきました。

 

 

ページ上部へ