善ヶ島神社 埼玉県熊谷市

かつて善ヶ島は利根川の三角州でしたが、成田氏によって開発され、近村と地続きになりました。

廃仏毀釈以前は龍泉寺持ちで、蔵王権現社称していました。

明治初期に御嶽神社と称し、明治42年には善ヶ島神社と改称しています。

明治41年には愛宕神社と阿夫利神社を合祀しています。

氏子は善ヶ島神社を阿夫利様と呼んでいるようです。

かつては阿夫利神社と書いた木剣を奉納したそうです。

 

赤い社の手前が稲荷神社、右が三嶋神社です。

 

両社の間には石祠が集められています。

 

御岳神社

 

他にも小さな社が祀られていました。

 

善ヶ島神社  埼玉県熊谷市善ケ島197 地図link

 

 

ページ上部へ