鹿島神宮参拝 茨城県鹿島市

 

仲間に鹿島神宮などの話をすると、日時を合わせ5人で東国三社にお参りに行くことに致しました。

先ずは、鹿島神宮参拝です。  

鹿島神宮                                         

 

以前来たときより、多くの参拝者がありました。圏央道の伸長は参拝者にとって、便利になったと思います。

 

多くの武将から、武神として信仰されており、ここの神官の子として生まれた塚原卜伝は鹿島新当流(卜伝流)を開きました。

本殿は北を向いています。ここで記念撮影。

 
 

 

奥社までで帰られる方が多いようです。ここも北向きです。

 

要石

御手洗池では茶店もあり、疲れたメンバーはここで一休みです。

大きな鯉も泳いでいました。

 

そばのお店では、ペットボトルを売っていましたので、仲間の一人は水を詰めていました。

以前来たときには、近くにも神宮の駐車場がありますので、何本も水を詰めている人がいました。定期的に来ているそうです。

 

ページ上部へ