三宝荒神

三宝荒神は、日本独特の仏様です。三宝荒神Wikipedia

各地に出かけると、この仏様の石仏をたくさん見ます。

20代に宝塚の清荒神をお参りした事があります。竈の神として信仰されていました。清荒神

 

また、庚申としても同じ三宝荒神を祀っていたようです。

庚申の日に三尸虫(さんしのむし)から身を守るために、60日に一度、寝ずに過ごす風習があったそうです。この掛軸はこの時に使用されたのではないかと思います。三尸虫Wikipedia

私が各地で見る庚申塔は、庚申講の石像のようです。

 

 

以前撮影した荒神様の一部です。

寄居町 少林寺

 

児玉町 成就院

 

私は石仏を見ることはあっても、どのような事で信仰されていたことは知りませんでした。

いまでも荒神講・庚申講がある所もあるようです。

 

ページ上部へ