八束脛洞窟遺跡 弥生時代の洞窟墓地 群馬県みなかみ町

前回の埼玉県吉見町の百穴と同じ様な遺跡である八束脛洞窟遺跡を載せます。
11年前の画像ですので、ご了解下さい。
ブログを書くなど考えていなかった頃でした。もし行かれるなら、他の方のブログなども参照して下さい。

群馬県みなかみ町後閑字穴

 

日本にも火葬だけでなく、広い地域で風葬があったことが想像できる貴重な遺跡です。風葬Wikipedia

かつて岡本太郎がある島で興味本位に風葬を写して発表したことから、その島では風葬がなくなったと書いてあったと思います。一方的に岡本太郎を悪く思っていましたが、真相は異なるようです。リンク

 

弥生時代中期の遺跡で、石尊山(標高712m)の中腹にあります。

記憶違いかもしれません。確認して下さい。 石尊山地図


穴切(あなぎり)集落の標柱の細い道を行き、
八束脛神社(やつかはぎじんじゃ)鳥居の所から登っていきました。

ストリートビューを見ると案内板がありました。新しい道があるようです。

 

 

 


かなりきつい坂道です。

 



八束脛神社


右の戸の中がB洞です。

 
 
 



ここから里を撮った画像があったはずなのですが、見つかりません。
かなり高い場所です。

ここの東側から石尊山に登れるようですが、ハッキリした道が無く分かりにくいです。
また、気軽な装備は避けた方が良さそうです。
山頂に行こうと思いましたが、私は途中で戻りました。

出土品は月夜野郷土歴史資料館に展示されています。土日・祝日だけの開館です
私はよく調べずに平日に行き、見れませんでした。
近くの八瀨遺跡もお薦めです。

月夜野郷土歴史資料館  群馬県利根郡みなかみ町月夜野1814-1  地図
電話0278-62-3088

ページ上部へ