平将門島広山討死の場 豊原国周の役者絵

豊原国周(天保6~明治33)は明治期の代表的役者絵の作者だそうです。
豊原国周   link   
 
イメージ 1
 
 
天慶3年(940)に島広山で討ち死にする前の場面です。
将門公の後ろに描かれているのは、影武者でしょうか。
 
 
 
 

明治23年版
平親王将門(市川左団次)  千種姫(尾上栄之助)  俵藤太秀郷(尾上菊五郎)  平貞盛(市川権十郎)

千種姫は知らない名前です。役者絵を集めて初めて知りました。
調べても分かりません。

「前太平記擬ノ玉殿(ぜんたいへいきまがいのぎょくでん )」でもいました。link 
 
ページ上部へ