迷惑な勘違いブログ

まとめサイトにアチコチからコピーアンドペーストをして、記事を書いている人がいますが、時折ブログなどでも見かけます。
マッタク異なる施設なのに異なる画像が添付してあったり、違う場所を住所に書いていたりしています。
間違って行くかもしれません。
 
先日友人がテレビに出演しました。すると他宗旨の僧侶が、なんと友人が当寺の住職としてブログを書いていました。
テレビを見ていなかったことは明らかです。テレビ局の宣伝だけを見て書いたのでしょう。
政治家批判もしていましたが、あなたの宗旨寺院の檀家さんもいますよと言いたいほどの内容でした。
逆にそのブログを見て面白そうな寺と思い、直接見学に来た人が一昨日だけで3人いたそうです。
 
しかし、自分の宗旨は批判していないようです。
 
会ったことがない、行ったことがない、読んだことがないでもブログが書けるのですから、注意が必要です。
 

 

ある同じ地名では推理小説のトリックでも使われていました。さらに共に同じ施設があったのではだまされますね。私は途中で気がついていましたけれど。
でも本当の警察なら、気がつかないはずは無いと思いますね。
このような使用なら何ら問題はありません。ただ気がついた途端に面白みが失せました。
 
かつて群馬県には三カ所に東村がありました。これも他県の人にとっては、とんだ大間違いがあったと思います。
ある仏様を調べていて、どこの東村か確認に手間取ったこともあります。
平成の大合併で聞いたことがない地名になり、味気なくなりました。
 
私は書く限りは、かなり調べてから書くようにしています。
ここのブログも本や資料を取り寄せたり、何日も何ヶ月も調べてから書いているものもあります。
現地に二度調べに行ったこともありました。
 
間違いだったことに気づき、後日訂正したこともあります。
間違いを読んでしまった方、申し訳ありません。
まだあるかもしれません。
 
ページ上部へ