2015年04月11日

花びらの絨毯

境内の桜もそろそろ終わりとなりました。ソメイヨシノは若葉が日に日に大きくなり、木の下は花びらの絨毯になっています。

2015411134250.jpg

山桜もかなり花びらが散っています。

2015411134722.JPG2015411134755.jpg

藤の花芽が大きくなっています。棚を擬木に代えるために根をかなり切ってしまいました。樹木医さんに手当をお願いしましたが心配です。

2015411135138.jpg

根が順調に伸びるように祈っています。

 

 

笹森稲荷神社 群馬県甘楽郡甘楽町福島

笹森稲荷神社

織田信長の次男・信雄が、大和宇多松山藩三万石と上野国小幡二万石を賜り、当初福島の地に仮陣屋を造り(元和二年~寛永十九年)20年あまり居住しました。
福島に織田氏が在館中三代信昌が誕生したことにより、笹森稲荷神社を鎮守神として崇敬しました。それ以来織田氏はここで武運長久と領内安全を祈念しました。
この神社の別当を勤めていたのが東学院でした 。  
 
2015424203851.jpg

緑豊かな広い境内は、古い歴史を感じさせます。本殿はは約100メートルの前方後円墳の上に建てられており、玄室の高さは2.5mあります。
玄室は例祭日のみ開扉しています。 リンク

 
 
2015426204755.jpg
 
2015424204917.jpg
 
甘楽郡甘楽町福島字笹森1350  地図
ページ上部へ