2020年04月

境内の花々

出かけることを控えて、今朝はマクロレンズを出し、境内の花を中心に撮影してみました。

古いレンズですので、背景のボケが汚く思います。

少し動いただけで、ピントがずれてしまいます。

檀家さんには墓参り方々、境内の花々を見ていただきたいのですが、コロナのために残念なことになっています。

標準ズームで撮った方が、きれいだったように思います。このマクロはしまい込むか、差し上げるつもりです。

下はマクロレンズではありません。

 

 

←普賢菩薩掛軸               これが戒名?

 

普賢菩薩掛軸

最近求めた普賢菩薩の掛軸です。

ヤフオク!でしたが、勢至菩薩だけの絵は見かけることが少ないです。高価な絵は見かけますが、とてもとても手が出ません。

釈迦三尊様の一尊です。

 

 

色彩のある普賢菩薩画がありませんでしたので、手に入りホッとしました。普賢菩薩・文殊菩薩掛軸リンク

十三仏の四七日忌の仏様ですが、四七日忌を行うことはまずないです。

辰・巳年と4月生まれの人の守り本尊様です。

 

何かの法要で使用する予定です。

 

←妙見堂裏のニリンソウ                境内の花々

 

妙見堂(妙見宮)裏のニリンソウ

妙見堂北側のニリンソウです。

新型コロナウイルスのために、お墓参りもまばらですが、来られたら是非見ていただきたい場所です。

 

 

 

先日ご紹介したスミレの側でも咲いています。

 

スマホで撮影している人もいましたが、小さな花ですから難しいでしょう。

 

スミレが咲いています                普賢菩薩掛軸

今年の永代合同法要を中止致します。

令和2年5月10日(日)の合同法要は、新型コロナウイルスの影響のため中止致します。ご了承ください。

当日は花祭壇を用意致しませんが、10時30分より短めな読経を行います。御本堂に上がり参列しお焼香ができるようには致します。

 

 

三遊亭神楽師匠には、来年の出演をお願い致しました。

 

永代合同法要リンク

三遊亭神楽師匠のお墓参りlink

 

妙見堂 枝を樹木伐採                 スミレが咲いています→

ページ上部へ