元妻沼地区の善光寺式阿弥陀三尊板碑 熊谷市

すでに妻沼聖天山の板碑を御紹介しているのですが、他のヶ所も含め掲載させていただきます。 

 

福寿院  熊谷市弥藤吾2002−1

 
 
 
 

能護寺  熊谷市永井太田1141

 
 

歴代住職の墓にありますが、中に入ることはできません。

画像はトリミングしてあります。

 
 

妻沼聖天山歓喜院  熊谷市妻沼1511

 
 
 
 
 
 
御本坊からご本殿に向かう途中にあります。
 
本坊
 

玉洞院 熊谷市妻沼2404

槙の寺として知られているようです。よく手入れのされた大木でした。

 

 

善光寺式阿弥陀三尊板碑は円通閣(観音堂)の向かって右側前の板碑です。

 

善光寺式阿弥陀三尊板碑

 

円通閣には、風神雷神の像も祀られています。

 

 

 

長野の善光寺が火災に遭うと、全国に勧進聖が浄財を勧募するために全国に向かいました。

その折り、善光寺の功徳を広めたため、善光寺信仰が全国的になったようです。

 

善光寺式阿弥陀三尊板碑が、この地域に集中するのは、深く信仰する人がいたからようです。

 

ページ上部へ