諏訪大社下宮秋宮

案内してくれた友人は、以前諏訪信仰を研究していましたので、あれこれ説明してくれますが、右から左に抜けてってしまいます。

ですから写真も、ただ撮しているだけでした。

上社が諏訪市で、下社が下諏訪町とは知りませんでした。

駐車場に車を置き、鳥居の前まで歩いて参拝開始です。駐車場からでは途中からの参拝になってしまいます。

 

うっそうとした杜が続きます。とても気持ちの良い参道です。

 

参道を登っていくと大きな建物がありましたので、てっきりお社だと思いました。

大きな神楽殿でした。

 

本宮の前を巫女さんが歩いていました。あわてて写真を撮ります。

家内は京都の某神社で、巫女さん姿で札場のアルバイトをしていました。一度見たかったと思います。

 

ここの御神体はイチイの木なのだそうです。古い神社の形態を残しています。

アチコチの神社で本来は御神体であった山の木を伐採したり、肝心な杜を売ってしまうところがあります。

昔は山や木が御神体でした。今でも拝殿だけで本殿のない神社があります。

 

諏訪大社下宮秋宮  長野県諏訪郡下諏訪町 5828 地図

 

ページ上部へ