般若教主尊像 (釈迦三尊十六善神)

この般若教主図は臨済正宗の「道?禅寺」に蔵されていたようです。臨済正宗とは黄檗宗です。 黄檗宗Wikipedia link

現在の黄檗宗には、同じ名の寺はありません。寺名を代えたか、臨済宗に変わった、あるいは廃寺でしょうか。

作者は「土佐光長」とありますが、無理があると思います。土佐光長(常盤光長) Wikipedia link

 

 

大般若経を守護する釈迦三尊十六善神、普賢菩薩の下の僧形の菩薩が法涌菩薩、文殊菩薩の下の合掌する菩薩が常啼菩薩です。

江戸期の作だと思いますが、分かりません。かなり力のある画家によって描かれています。 

 

  

 

下の右中が玄奘三蔵法師、左中が深沙大王です。

深沙大王は調布市の深大寺に祀られています。「王の」です。西遊記に出る沙悟浄を思い出します。

 

テレビで放映された西遊記が楽しみでした。沙悟浄役は岸部四郎です。

ゴダイゴのテーマソングが好きでした。

先日、ゴダイゴのメンバーである浅野孝已さんが、亡くなりました。私より1歳ほど若かったのに、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

裏には経典が使用されています。

 

経典は寛永11年(1634)年版です。

所蔵していた寺院名は、臨済正宗(黄檗宗)の道□禅寺とありますが、□が読めません。

 

 

土佐光起の鑑定書もありますが?  土佐光起ウィキペデアlink

 

深大寺・深沙大王堂  東京都調布市

深大寺ブログlink

 

←芍薬               弥陀堂で石屋さんが アマビエの朱印付きのマスク発売中→

ページ上部へ