愛染堂 埼玉県熊谷市

ここに愛染明王さまが祀られているのは知っていましたが、参拝がのびのびになっていました。

グーグル地図で調べると、かなり建物が崩れているのを確認できました。

平成28年に修復が終わり、ご開帳の時には参拝しようと思っていましたが、寺の用がありましたので参拝を諦めました。

当日はかなりの人出であったようで、臨時駐車時用が用意されたようですが、車で行くには無理があったようです。

 

 

御本尊の愛染明王さまは、台座をあわせると2.42mもあるようです。

 

 

当寺の愛染明王さまより、遙か大きな御尊像です。

 

 

 

 

 

かつての養蚕盛んな時代は、多くの参拝者で賑わったのでしょう。

愛染明王の愛染(あいぞめ)に因み、繊維業者も多く参拝しました。現在のように恋愛成就ではなかったと思います。

富岡製糸場長・尾高惇忠や渋沢栄一の親族名が記されているだけでも、大事なお寺であったことが分かります。

 

 

色が赤くなっているところが、とくにひどく崩れて修復された部分です。

 

 

いつも熊谷市を調べると、検索で必ず上位に出るのが、見栄子さんのブログです。熊谷愛が詰まっています。

リンクが禁止されていますので、「熊谷市 愛染堂 見栄子」で検索してください。

 

境内の一角には三島伊豆神社が祀られています。

 

 

愛染堂 埼玉県熊谷市下川上33 地図

 

←光照寺 十王石仏 埼玉県熊谷市                  香林寺 馬頭観音石仏 埼玉県東松山市→

 

ページ上部へ