曹洞宗 高養寺 埼玉県入間市

かつて寺竹は金子村に属していました。現在は入間市なっています。

天正15年(1587)に亡くなったた金子筑後守家定による開基です。

全国にいる金子姓は金子村が大元になっています。特にこの金子地区に多い姓です。

 

 

落ち着いた雰囲気の寺院でした。

2基の六面六地蔵石幢が祀られていました。

 

 

西脇には白山堂が祀られています。

 

 

寺の周りには地名と同じように、たくさんの竹が繁茂していました。

 

高養寺 埼玉県入間市寺竹1022 地図リンク

 

←長久寺 旗本 土屋氏の墓 埼玉県入間市               普陀大仕(観音菩薩)拓本→

 

ページ上部へ