薬王寺の紅梅白梅と寒桜 東京都青梅市

薬王寺は南北朝の頃創建で、御本尊は薬師如来です。足利尊氏の創建とも伝えられています。

現在は真言宗豊山派に属しています。

 

ツツジや五月で知られていますが、今の時期は紅梅白梅が咲いています。

手入れが大変だと思います。

 

 

良いときに訪れたと思いました。

 

たくさんのツツジや五月が庭園の南側に植えられています。

花が咲く頃は駐車場も満杯になってしまうのではないかと思います。

 

しだれ梅が墓に向かう途中にありました。

 

 

くりから不動明王の石仏に会いました。青梅市内には何カ所か祀られています。

 

境内西の山上には不動堂がありました。

前の広場が広いので、何かの催しが行われるのかも知れません。

 

ツツジや五月の間を廻りながら、どのように咲くのだろうかと、思い巡らせながら歩きました。

 

 

寒桜と思います。これを書いている頃は満開になっているでしょう。

 

薬王寺 東京都青梅市今井1−2520地図link             薬王寺ホームページlink

 

ページ上部へ