湯殿山 弘法大師の拓本

何時の拓本かは不明です。
表装はペラペラの紙でした。良く今まで持ったと思われるほどです。
 
 

 

出羽三山の内、湯殿山は真言宗でした。
廃仏毀釈後に残されている寺院は、注連寺(智山派)と大日坊(豊山派)だけだと思います。
いくつもあった真言宗寺院の石碑なのだと思います。

 

 

この画像を画像検索しても、求めたオークションサイトのこの画像のみでした。
廃仏毀釈と共に壊されたか埋められたのかも知れません。

 

どこかの湯殿山信仰の講中により作られ、どこかの寺などに祀られていれば良いなと思います。
 
 
ページ上部へ