真言宗智山派 円泉寺 埼玉県飯能市|永代供養塔・墓地・ペット供養塔・阿弥陀堂・銭洗い弁天様・武蔵野七福神札所

曹洞宗 保泉院の閻魔大王 東京都日の出町

保泉院(ほうせんいん)に貴重な閻魔大王像が祀られていることを知り、参拝して参りました。

 

閻魔堂に祀られている貴重な御尊像ですので、耐火造りの建物になっているそうです。

 

閻魔様を中心に倶生神(左右)と奪衣婆像が祀られていました。

 

胎内の銘札の写しには、文明5年(1473)仏師了戒(成)により造られたと書かれているようです。

初め閻魔像は、日奉(ひまつり)重清により平井郷の創建された閻魔堂に安置されていましたが、江戸時代末に保泉院に移されました。

 

今日参拝してきた青梅市寺院の紫陽花より、花芽が大きくなっています。

早い種類なのかも知れません。

 

 

右側の地蔵菩薩は亀踏像(きふぞう)でした。亀に乗っています。

江戸桶町の中澤佐助が宝暦3年の奉納しています。この地域から出て成功した方により納められたのかも知れません。

江戸時代に亀踏像は勝手に建てられませんでした。

 

お地蔵様は閻魔大王でもあるのです。

 

保泉院ホームページlink

保泉院閻魔堂  東京都西多摩郡日の出町平井860  地図link

 

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829