真言宗智山派 円泉寺 埼玉県飯能市|永代供養塔・墓地・ペット供養塔・阿弥陀堂・銭洗い弁天様・武蔵野七福神札所

境内の鳩とスズメ

昨年から毎日のように石屋さんが、野生の鳩に餌やりをしています。

 

一羽は右羽が折れているのか、生まれつきなのか分かりませんが、ずれているのが分かります。

以前は飛ぶのが苦手だったようで、境内を二羽一緒に歩いていました。

 

それを不憫と思ったのか、お米を弘法大師銅像前などに撒くようになりました。

 

近頃はスズメがエサ横取りしようと、食べ終わるのを集団で待っています。

 

他の鳥もねらっているのですが、スズメが多くいますので、諦めて飛んでいってしまいます。

 

以前は色々な鳥を境内で見ましたが、近年はズッと少なくなっています。

鷹、トンビ、雉は、マッタク見なくなりました。

人家も少し増え、農道も広がり、車の往来も増えています。

野生の動物や鳥にとって住みにくくなっているのでしょう

 

しかし市内では、熊やカモシカを見かける事も多くなっているようです。

ある団地の方は、毎日庭にカモシカが出没していると話していました。

 

山間部の農家では、猿と猪の被害で薩摩芋や果物の収穫を諦めたと話していました。

山中の諸動物も食べ物不足で、厳しい生活をしているのが分かります。

 

山間部の山林では、放置された杉林が多くなっています。

野生の動物のために、どんぐりなどの実のなるきに置き換えないと、動物被害が益々増えるのでしょう。

 

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829