光福寺と宝篋印塔 東松山市

国道407を走っていると「国指定文化財 宝篋印塔」の表示板がありました。

戻って見学に行くことにしました。

 

宝篋印塔と板石塔婆が頑丈な収蔵庫に保存されていました。

青石塔婆には阿弥陀三尊が宣告されています。

この塔は元亨3(1323)年に藤原光貞と比丘尼妙明の供養のために建立したのですが、二人がどのような人だったかは、分からないようです。

 

本堂と墓の間には土盛りがあり、上に如意輪観音などの石仏が祀られてありました。古墳のようにも見えますが、分かりませんでした。

 

収蔵庫の南側に石仏が集められていました。

六面の塔が、なかなか立派な姿をしていましたが、おそらく六観音と思います。

 

ハクモクレンがもう少しで盛りになるところでした。

ページ上部へ