子ノ権現 天龍寺 飯能市

久しぶりの参拝です。

各地にある子ノ権現神社、子ノ神社の大元締めです。醍醐天皇の時代に子ノ聖によって開山されました。都内、千葉、神奈川でも見た記憶があります。

山中でありましたので、ここは廃仏毀釈は逃れることが出来ました。今でも講が残されています。

仁王像が塗り替えられていました。

 

以前来たときは本坊は宿坊になっており、合宿などにも使用されていました。

現ご住職は、たしか在家上がりの方だったと思います。

 

以前御本堂が焼けてしまい、山上ですから苦労も多かったと思います。

 

足腰の神として信仰されていますので、わらじがたくさん納められていました。

たくさんのハイカーや自転車の方を見ました。私には出来ません。

 

御本堂には大きなハイヒールが奉納されていました。

 

下が閻魔堂、階段の正面が地蔵堂です。

 

本堂の脇をさらに登ると奥の院(釈迦堂)に出ます。

 

ここから東京方面を眺めると、スカイツリーが見えます。

 

トリミングしてもよく分からないと思います。

 

二本杉が何年か前に落雷のため燃えてしまいました。

かろうじて頑張っています。

 

子ノ権現天龍寺 埼玉県飯能市大字南461 ホームページ

 

ページ上部へ