2005年02月15日

日向薬師 神奈川県伊勢原市

奈良時代に行基菩薩によって開山されたお寺です。

門前の駐車場に駐め、500メートルほど歩くことになります。

山門の仁王様が迎えてくれました。

 

雨の時が心配になります。

 

程なく、お薬師さまを祀るご本堂に着きました。

 

かなり大きな御本堂です。

般若心経と御真言などを唱えさせていただきました

 

ここが開山された時代は、国分寺などの御本尊を薬師如来とする寺院が、各地に造られています。

 

境内に虚空蔵菩薩が祀られていました。木の洞に収まっています。

各地に、このような方法で祀られている石仏などを見かけます。

 

御本堂も茅葺きですが、鐘楼堂も同じです。

 

関東ふれあいの道になっています。昔は尾根道が重要な道路でした。さらに修験の修行の場であったのでしょう。

 

日向薬師  神奈川県伊勢原市日向1644 地図               ホームページlink

大山寺 神奈川県伊勢原市

阿夫利神社の後で、大山寺に詣でました。

お山の中腹にあり、ケーブルで戻ります。

 

大山全体が暴徒による廃仏毀釈により、伽藍や仏像などの貴重な文物が、破却されました。

その中心となった人物が、某町の名誉町民となっています。

 

その後、現在の場所に仮小屋を造り、明治18年に御本堂などが竣工されています。

 

私がお参りしたときも、伽藍整備に浄財を募集していました。

少額ではありましたが、寄進させていただきました。

 

雨降山 大山寺  神奈川県伊勢原市大山724 地図                ホームページlink

大山阿夫利神社 神奈川県伊勢原市

平日でしたので、参拝者の数もわずかでした。お正月には大勢参拝してたのでしょう。

ケーブルカーを見ると、八王子の高尾山を思い出します。

 

長い階段が続きます。

 

廃仏毀釈前は石尊大権現が祀られていました。各地に石尊大権現の石碑や常夜灯を見かけます。

当寺(円泉寺)にも道路の拡張で、行き場がなくなった常夜灯が参道にあります。

 

現在の祭神は大山祇大神です。

 

かなりの高さですね。

 

大山阿夫利神社 

ページ上部へ