2015年06月01日

阿閦如来の懸仏

最近お招きした阿閦如来(あしゅくにょらい)の懸仏です。 Wikipedia 阿閦如来

最初は何の仏様か不明でした。右手が触地印(そくちいん)ですので、お釈迦様だろうと思っていました

しかしYahoo!検索の阿閦如来画像で見つけることが出来ました。日本の阿閦如来ではなく、チベットの御尊像と同じお姿をしています。

 

20156118424.jpg

 

ご本堂に十三仏の仏像は全部そろったので、もう仏像をお招きするのは終わりにするつもりでした。

しかし、あまりにも素晴らしかったので、ついつい手が出てしまいました。

 

201561165619.jpg
201561165727.jpg

20156117129.jpg

20156117216.jpg
20156117310.jpg

どの角度から見ても素晴らしいです。裏でも歴史を感じます。

 

201561212153.jpg
201561212221.jpg

 下の画像は以前お招きした十三仏の阿閦如来です。

 

20156117540.jpg

 

阿閦如来はご本尊として祀られているお寺は知りません。大日如来を中心とした五仏(五智如来)の東方の仏様、十三仏の一尊として祀られている場合のみがほとんどだと思います。

当寺に来られた懸仏は、五仏を祀る寺、お堂、あるいは神社に祀られていたのが、廃仏毀釈の折に隠されたり、流出した数多くの仏様の内の一体だったのではないでしょうか。

 

毎日ご本堂のお勤めで諸仏に手を合わせ、檀信徒の御供養を行っています。

 

2016129162345.jpg

阿閦如来タンカ

御真言  オン アキシュビア ウン

 

リンク

観世音菩薩1 懸仏  観世音菩薩懸仏2     聖徳太子懸仏

 

 

   埼玉県 飯能市平松376番地   円泉寺      ホーム   

 

ページ上部へ