2018年12月04日

泉屋博古館分館の虎食人卣 虎卣(こゆう)

泉屋博古館で開催されている「神々の 宿る器」展に行ってきました。

私もここの真ん中に大きく表示されている虎食人卣(虎卣)と似たものを持っています。

気になり出かけてきました。

東京都港区六本木1丁目5−1  泉屋博古館分館    神々のやどる器「中国青銅器の文様」 link          

中は撮影禁止ですので、リンク先を見てください。

パンフレット

 

ただし、他にも沢山の青銅器が展示されています。

 

ちなみに私の虎食人卣(虎卣)です。虎卣ブログ

 
約束事があるようで、文様は浅いですが、共通しているようです。
頭の上の蓋には鹿。取って手の付け根は獏。龍の尻尾が人を抱きかかえているように見えます。
背面は足と羊の角を持った饗餮だそうです。

 

泉屋博古館とは残念ながらね比べものになりません。

 

冬桜が満開でした。

根津美術館

根津美術館には、茶器の名品や古い発掘された陶器が展示されています。

東京都港区南青山6丁目5-1  根津美術館 link     

 

茶器などと思っていましたが、味わい深い器です。

若い頃は良いとも思いませんでした。

次に行く泉屋博古館の展示物と同じような中国の青銅器と漢字や和歌の切も展示されていました。

 

ガンダーラ仏と外の景色

 

今回一番楽しんだのは、庭園の紅葉です。

 

石仏も私の近在では見ることが出来ない、良いお姿の仏様ばかりでした。

 

次に泉屋博古館に向かいました。

 

表参道から根津美術館

お上りさんとしては、表参道や青山などは無縁な場所ですが、一度歩いてみようと一駅分歩きました。

住職のことだから間違って降りたのだろうとの言葉も聞こえそうです。

 

面白い意匠展示がされています。

建物もさすがに都心だと思います。

ジングルベルの歌が、もうそろそろ聞こえてきそうです。

 

根津美術館に着きました。

ページ上部へ