2018年12月10日

神農図

神農は医薬と農業の神様だそうです。以前この画像をネットで見て、まったく知らない神様でありながら、中国では大切にされていたことを知りました。神農

特に漢方薬業者や医療関係者、交易関連の方が信仰していたようです。

 

日本では神農大帝として、香具師やテキ屋に信仰されていたそうです。イメージが湧きません。

 

 

日本においては、湯島聖堂の神農堂に祀られているそうです。湯島聖堂の神農堂

一度お参りに行ってこようと思っています。

 

三宝荒神 青面金剛

三宝荒神は、日本独特の仏様です。三宝荒神Wikipedia

20代に宝塚の清荒神(きよすこうじん)清澄寺をお参りした事があります。竈の神として信仰されていました。清荒神ホームページlink

 

青面金剛としてもしられ、各地にこの石仏をたくさん見ます。庚申講の御本尊として祀られていました。 

三宝荒神と青面金剛の違いは、下に三猿がいるかいないかだけだと思います。

庚申の日に三尸虫(さんしのむし)から身を守るために、60日に一度、寝ずに過ごす風習があったそうです。この掛軸はこの時に使用されたのではないかと思います。三尸虫Wikipedia

各地で見る庚申塔は、庚申講の石像です。

 

円泉寺蔵 三宝荒神掛軸

 

以前撮影した写真です。

寄居町 少林寺

 

児玉町 成就院

 

私は石仏を見ることはあっても、どのような事で信仰されていたことは知りませんでした。

いまでも荒神講・庚申講がある所もあるようです。

 

チベットの仏画? おそらく五仏

敦煌の壁画だそうですが、明らかではありません。

左からチベットの阿閦如来、宝生如来、大日如来、阿弥陀如来、不空成就如来の五如来のような気がします。

 

 

何時の時代なのかも不明です。

本物なら西域の壁画からはぎ取った絵でしょう。

 

 

ページ上部へ