2019年02月19日

谷保天満宮参拝 東京都国立市

15年ほど前に参拝しましたが、ほとんど記憶にありませんでした。

覚えていたのは、駐車場の位置ぐらいです。

 

交通安全祈願発祥の地と言われているようですが、ある都下の大本山に勤めている方に聞くと、寝屋川市の成田山大阪別院だと言っていました。

最初「交通安全」と聞いて、何事かと思ったそうです。

有名な祈願寺ですので比較的近くにありますから、谷保天満宮が行っていれば、知っていたはずです。

 

野暮天の語源の神社であるとの説もあるようです。

 

銅製の牛像

牛の石像の方が、はるか魅力的です。まさにアートです。

沢山の受験生が納めた絵馬が吊り下げてありました。

受験生の絵馬が多い所は、やはり菅原道真をお祀りした天神社に多いと思います。

以前お参りした湯島天神は、もっと沢山の絵馬がありました。

 

境内にはたくさんの鶏が放し飼いになっていました。エサをあげている人もいました。

 

神社の東側には、沢山の梅が植えられています。

多くの方が楽しんでいます。

 

私も仲間も、何枚も写真に撮りました。

圧倒的にスマホで撮っている方が多く見られますが、私のよりはるか高級な一眼レフもいました。

 

次に大國霊神社に向かいました。

 

高幡不動金剛寺 東京都日野市

真言宗智山派別格本山「高幡不動金剛寺」です。

京王線「高幡不動駅」から門前街を抜けると、すぐ高幡不動です。

 

山門をくぐり、御本堂に向かいます。

 

 

出来たばかりの頃は、五重塔だけが浮いたように見えましたが、35年ぶりにお参りすると、落ち着いた印象になっていました。

御本堂に参拝すると、中に入る人がいました。

10時のお護摩の時間になり、申し込まない方も中で参加できます。

次々と参加する人が、中に入っていきましたが、私たちは中でお参りだけですると、田のお堂に向かいました。

御本堂と受付

本堂内陣

 

土方歳三の銅像

 

弁天堂

不動堂裏側の奥殿には、前御本尊の重要文化財・不動明王像が祀られています。

 

五重塔

五重塔の地下は千体地蔵堂となっています。

 

大師堂

 

あじさい園は、前御貫主猊下自らと職員が下草を刈り取り、多くのアジサイを信者さんから奉納していただいたき植えました。

お参りするならアジサイの頃が良いでしょう。

その時期は電車で行かないと人がいっぱいだそうです。

四国八十八ヶ所巡りもかねて、お参りできます。

 

藤蔵の墓

面白い伝承があります。

さらに大日堂などもお参りしたかったのですが、仲間と一緒の上、他の場所にも参拝する予定があり、次に向かいました。

高幡不動金剛寺  東京都日野市高幡733    地図            高幡不動 ホームページlink

 

ページ上部へ