赤岩不動尊光恩寺 群馬千代田町

赤岩不動光恩寺には荻野吟子の実家長屋門が移築されていると聞きましたので、参拝に訪れました。

荻野吟子記念館からは、利根川をまたいて反対側にあります。

大祭は毎年3月28日、10月28日に行われます。

火渡りが行われるようです。

赤岩不動光恩寺 群馬県邑楽郡千代田町赤岩1041 地図

 

緑豊かな境内です。

 

歴代住職の墓に面して、たくさんの板碑がありました。

 

特に知られているのは、大きな地蔵菩薩画像の彫られた板碑です。

文永8(1271)年で、画像板碑としては最古に属するようです。

 

赤井照光の墓に向かう途中に、六面地蔵塔、荒神様が祀られていました。かなり大きな石仏です。

 

赤井照光の墓は、堂山古墳の頂上にあります。

 

元禄16年の梵鐘です。千代田町指定重要文化財に指定されています。

 

阿弥陀堂には阿弥陀三尊が祀られ、鎌倉時代の大きな御尊像です。こちらも千代田町指定重要文化財に指定されています。

 

睡蓮が咲き出し始めていました。これから次々に咲くのでしょう。

 

荻野吟子実家の門は、東側の駐車場に面してあります。

ここにも石像がありました。

二人の女性が熱心にスマホで写真を撮っていましたので、女性のスマホで記念撮影を買って出ました。

荻野吟子巡りをしているようです。

 

荻野家より移築された長屋門です。

 

光恩寺の近くにある赤岩渡船場です。対岸には荻野吟子記念館があります。

 

ページ上部へ