将門神社(御門神社) 栃木県岩舟町静(栃木市)

御門神社と地図上にはありましたが、扁額には将門神社とありました。

将門公子孫の方々のこだわりがうかがえます。

石灯籠は将門宮の文字が刻んでありました。

 

 

宮司さんが住んでいない神社ですが、きれいに掃き清められています。

ここは本山派修験の正門院でした。(旧名将門院・御門神社)

 

将門神社の扁額

 

狛犬

 

大黒天

 

他にも石祠などが祀られていましたが、詳細は分かりません。

 

たまたま声をおかけしたのが、針谷浅一でした。

この地の針谷家は平将門の子孫と伝えられています。ご本家の針谷浅一家のお位牌、お墓を拝見させていただきました。  院殿大居士でした。お墓は針谷大本家となっていました。

この地は将門方の大事な拠点でしたが、佐野の藤原秀郷の勢力によって敗れてしまいました。神社には以前は神社の東、北に濠が巡らされてあったそうです。

浅一氏のお話しによると佐野市の唐沢山には行っても良いが、唐澤山神社はお参りしてはいけないと、子供の時に言われたそうです。

 

将門神社  栃木県下都賀郡岩舟町静字御門 地図

岩舟町は2014年栃木市に編入しました。

 

ページ上部へ