猫大師 弘法大師像 猫神石仏 ペットの健康祈願と供養に

最近お迎えした、猫のお顔をした弘法大師(空海和上)の石仏です。江戸時代に作られたようです。

お寺には犬猫などのペット供養塔(納骨堂)があります。

猫大師(ねこだいし)さまにペットの健康祈願と供養のため、気軽に手を合わせて下さいますようお願い申し上げます。

 

 

首には鈴が付いています。

 

 

このような石仏は初めて見ました。高さは約30㎝です。猫神さまとして祀られていたのかもしれません。

調べてみると、他にもあるようです。

江戸期のお大師様ですので、現代的なアニメ風の優しいお顔ではありません。

 

下は弘法大師の掛軸ですが、普通はこのようなお姿をしています。

 

 

もう一体の猫大師さまが、御本堂の弁天様、愛染明王様のお近くに祀られています。

 

 

開眼中のお大師様です。

 

 

ペット供養塔(納骨堂)の近くです。

 

 

猫は弘法大師が、経典をかじられないようにと、唐から連れてきたとの伝承があります。しかし、弥生時代から日本で飼われていたそうです。「日本猫」ウィキペディアlink

ペット供養塔link

 

←保科美術館 小林かいち 竹久夢二 群馬県渋川市伊香保                小さな達磨大師像→

 

ページ上部へ