観音寺の板碑 埼玉県吉見町

毘沙門堂から約500メートル西にある観音寺に向かいました。

観音寺は円泉寺と同じ、真言宗智山派に属しています。

 

 

駐車場に車を止めて本堂に向かうと、御住職が庭掃除をしていました。

以前何度かお目にかかった方です。

私が若造の頃ですので、覚えてはいなかったようですが、父や弟には時折会っていたようで、私のことも少しは思い出していただけたようです。

父とは旅行仲間だったそうです。

 

 

こちらにも立派な宝篋印塔がありました。

 

 

薬師堂の右隣に、板碑が集められていました。

板碑のことを聞くと、字の読める中で一番古いのが、左から二番目と教えていただきました。

 

 

左から二番目は貞永二(1233)年の阿弥陀三尊板碑です。

文字が傾いていますので、元々は右側に観音菩薩の梵字が彫られていたはずです。

 

 

阿弥陀一尊図像板碑は文明元(1469)年の銘があります。

 

 

他にも年号が読める板碑もあるようですが、私には近づいてみても読める板碑はありません。

 

駐車場に戻り、観音堂や墓地入口の石仏に向かいました。

 

 

青面金剛、地蔵菩薩などが一列に並んでいます。

 

 

お墓には新しい永代供養塔が建てられていました。

どこの寺院も、今では必要な施設となっています。

 

観音寺 埼玉県比企郡吉見町大字大串1282 地図

 

←金蔵院毘沙門堂 埼玉県吉見町                渋沢平九郎自決の地 埼玉県越生町

 

ページ上部へ