武田信玄守り本尊・毘沙門天 多門院 埼玉県所沢市

川越藩主の柳沢吉保が、三富新田の祈願寺として多門院を創建しました。

多門院の旧本寺は音羽の護持院(廃仏毀釈により廃寺)だそうです。護持院ウィキペディアlink

現在は護国寺末となっています。

埼玉県で他に護持院元末寺は、他に山口観音の二ヶ寺だけです。

 

 

毘沙門堂は武田信玄守り本尊の毘沙門天が祀られています。

 

 

今も祈願寺として積極的に、寺院運営をしているようです。

 

 

 

毘沙門天は寅年の御本尊ですから、狛犬ではなく狛虎も祀られています。

 

 

狛虎の廻りには、たくさんの小さな虎が納められていました。

 

御本堂には車椅子用の坂が、斬新な設計で作られていました。

面白い着想だと思います。

 

 

側面にはアンモナイトの化石が塗り込められていました。

 

境内の一角に弘法大師、地蔵菩薩などの石仏が祀られています。

 

 

 

面白い鬼の石像がありました。

 

 

 

板橋区の東京大仏・蓮乗院にも同じ石像があります。

ここでは「がまんの鬼」となっていました。

 

東京大仏の「がまんの鬼」

 

多門院では、何と呼んでいるのでしょうか。

蓮の鉢が、たくさんありました。蓮の時期に参拝するのが良いと思います。

 

多門院 埼玉県所沢市中富1501 地図

多門院ウィキペディアlink

 

 

ページ上部へ