神明社の「いも神さま」 埼玉県所沢市

多門院とは元々一つの寺院でした。

廃仏毀釈により独立した神社になっています。

 

 

 

御本社の西側に「いも神さま」の社があります。

青木昆陽が推奨した薩摩芋の話を聞いた吉田弥右衛門(やえもん)は、寛延四年(1751)に試作しました。

飢餓に備えた自作用作物でしたが、後に江戸での焼き芋用となりました。

川越と言えばイモと言われるほど知れ渡ったのです。(この地は河越藩の領地だったはずです。)

 

 

青木昆陽と吉田弥右衛門を近年「甘藷乃神」として祀りました。

 

 

中央のオブジェは薩摩芋でした。

 

私が若い頃、川越街道の農家で薩摩芋を買ったことがありました。

関越高速が出来て、川越街道を通らなくなりましたが、今でも売っているところがあるのでしょうか。

 

他にも天満宮が祀られています。

 

 

神明社  埼玉県所沢市中富1507 地図

 

ページ上部へ