真言宗智山派 成就院 埼玉県熊谷市

成就院は真言宗智山派に属しており、室町時代後期の大永年間(1521年から1528年)に欽照上人により中興されています。

明治期は浄土宗知恩院末となったこともあるそうです。

熊谷肥塚公民館PDFlink

 

 

御本尊は阿弥陀如来で、燈籠佛名なのだそうですが、どのような仏像なりでしょう

山門には厄除け灯籠佛とあります。

 

山門左側に宝篋印塔。右に地蔵菩薩が二体祀られています。

 

 

明治15年に現在の地に忍東照宮の拝殿を移築して本堂としました。

このため屋根の軒瓦に「三ツ葉葵」の紋章があります。

ちなみに真言宗智山派は桔梗紋です。

 

 

 

境内に古塚古墳の石棺が保存されていました。

 

 

棺車が墓地入口にありました。柿沼の龍昌寺にあった物と同じく、墓地に座棺を運ぶ車です。

 

 

成就院 埼玉県熊谷市肥塚2丁目6−1  地図link

 

 

ページ上部へ