山上城跡公園 群馬県桐生市

山上城は山上五郎高綱により館が築かれたと伝えられています。

北条氏康・上杉謙信により攻略され、さらに武田勝頼が攻めて廃城となりました。

 

城跡の一部が公園となっています。

 

 

赤城山の大きなムカデと日光男体山の大蛇が、争ったとの伝説があるようです。

左側が山上城です。

 

広い城跡は、子供向けの遊具が置かれています。

 

猿・サイ・牛などの石像がありました。

 

 

駐車場は無料です。

 

東側から見た山上城跡です。

 

城主の一族と思いますが、山上郷右衛門がいました。

北条家家臣として豊臣秀吉と交渉し、後に徳川家康の武将として活躍しているようですが、明らかなことは分かりません。

晩年は山上の地に戻ったようです。

2015年6月6日 常広寺に供養塔が建立されています。

 

山上城跡公園 群馬県桐生市新里町山上297−1  地図link

 

 

ページ上部へ