重要文化財 山上多重塔 群馬県桐生市

山上の多重塔は、重要文化財となっています。

明治期に発見されました。

高さは185㎝で、上の屋根部分を外し、かつては三層部分に法華経が納められていました。

 

 

このあたりに知られていない寺院があったのかも知れません。

 

 

桐生市のホームページには、「銘文の文意 この塔に如法経を安置する。朝廷・神祇・父母・衆生・合霊の利益のためである、小師道輪が延暦20年(801)7月17日に無間の苦しみを受けている衆生を救い、永く安楽を得、彼岸に到達できるように願い建立した。」とあります。

 

僧・道輪は文献に出てこないようですが、中央から派遣された僧侶だったのだと思います。

僧・道忠の弟子だったかも知れないとする方もいました。

 

 

私が行ったときは、相輪がありませんでした。

下に置いてあったようです。

 

 

枝垂れ桜の頃も良さそうです。

 

ポピーが敷地一面に咲いていました。

 

 

 

 

北側には赤城山が一望できます。

 

塔婆 石造三重塔(山上多重塔)    群馬県桐生市新里町山上2555  地図link

 

 

ページ上部へ