横瀬神社 埼玉県深谷市

かつて北側にある華蔵寺が別当で、聖天宮があり修験・壽命院が社人でした。

廃仏毀釈後、横瀬神社となっています。

祭神は伊弉諾命・伊弉冉命と豐受姫命を祀りました。

 

しかし、華蔵寺は新田氏関連ですが、横瀬神社は武蔵七党の横瀬氏の創建です。

横瀬の地は秩父の横瀬からの移住に始まるそうです。

 

 

華蔵寺と同じく、当地は永禄年間(1558-70)の洪水で、上野国から武蔵国に編入されています。

 

建武年間(1334-36)に新田義貞の孫である国寿丸が聖天宮として再建しています。

華蔵寺秘仏の歓喜天像が御本尊だったのでしょう。

国寿丸は後に横瀬新六郎貞氏と名のり、上野国金山城主となっています。

 

拝殿の額は、渋沢栄一の起毛です。額の右脇の写真は渋沢栄一です。

 

稲荷社

 

神社の北側が華蔵寺です。華蔵寺ブログlink

 

横瀬神社  埼玉県深谷市横瀬1358  地図link

 

ページ上部へ