高徳神社 埼玉県鶴ヶ島市

「埼玉の神社」によると、大正2(1913)年に太田ヶ谷の熊野神社、三ツ木の白髭神社と境内社・八坂神社、藤金の氷川神社、五味ヶ谷の白髭神社を本殿内に合祀して、新たに高徳(こうとく)神社としたと書かれています。

広い境内は当時の鶴ヶ島村長であった内野重右衛門が広い土地を寄進しています。かなりの豪農でもあったのでしょう。

内野の姓は太田ヶ谷に多くあります。

 

 

5,619坪の境内です。

広い境内は近年「野鳥の森」に指定されています。

 

 

これだけ多くの杉がありますので、私のような花粉アレルギーがある人は、時期を外して参拝するのが良いと思います。

 

先ずは社殿前で参拝致しました。

 

 

 

内野重右衛門を顕彰した碑です。

 

お社を一周して境内社もお参り致しました。

 

 

境内の熊野神社。

 

白髭神社

 

まだ多くの社が祀られていました。

 

参道一の鳥居の前は圏央道が通り、近くには関越道と交えるジャンクションがあります。

また西に約200メートルで鶴ヶ島市役所です。

 

高徳神社  埼玉県鶴ヶ島市太田ヶ谷617  地図link

 

 

ページ上部へ