藤棚の手入れ

お寺の藤は、今年は散々でした。

暮れの手入れは、お祭りに併せて檀家さんがやってくれますが、花芽を切ってしまい、花が十輪程度でした。

さらに昨年伸びた枝を切るだけですから、咲かない枝ばかりが残っていました。

 

あまりにも酷いので、来年は無理としても、数年後の花を楽しめるよう、近所の植木屋さんに依頼しました。

先ずは特に太い枝を真ん中に寄せました。

 

今ある細い枝を平に持って行き、将来全体に花が咲くようにします。

二人の職人さんが話しているのを聞いていると、先の構想が想像できました。なかなか論理的です。

 

一休み。

 

かなりすっきりしました。

将来、まだ上に伸びている枝は、下に細い枝が水平になった時点で、切るようにするそうです。

 

藤の手入れは今年から、植木屋さんだけにすることにしました。

経費はかかりますが、来年が楽しみです。

 

追記  昨年の藤棚です。

 

ページ上部へ