後見人さんからの独身者葬儀・永代供養納骨依頼

 
近頃は、わずかですが後見人さんに依頼しておき、葬儀と永代供養を申し込む人がいます。永代供養だけのこともあります。
 
一年ほど前でしたが、八十代半ばの男性の葬儀をご本堂で行いました。
 
同居していた女性が5年ほど前になくなり、その子供達によって葬儀を行い、近くの霊園に埋葬されているそうです。
籍を入れなかったために、今回の葬儀は誰にも負担のかからないよう、後見人さんに依頼してありました。
財産は、内縁の子供達に遺贈することにしてあります。
 
前もって、後見人さんとご一緒に見学に来られた男性は、永代供養塔の予約と生前戒名、葬儀の相談をして帰りました。
 
亡くなられると予定通り御本堂での葬儀となりました。
内縁の方の子供達も来られましたが、後見人さんが全ての段取りとを決められています。
 
参列者は十数名でしたが、立派な葬儀だったと思います。
火葬後、当寺の永代供養塔に納められました。
 
 
ここまで後見人さんが対応してくれることは少ないと思います。
葬儀や永代供養などの対応は、遠い親戚に押しつけられたと話していた人もいました。
 
亡くなった男性も、ここまで考えて行動した人は、今までいませんでした。
 
 
ページ上部へ