総本山智積院の桔梗紋

智積院は真言宗智山派の総本山です。

紋は桔梗ですが、智山派の紋も同じ桔梗紋です。

 

桔梗紋になったのは、豊臣秀吉の子鶴松の菩提を弔う寺・祥雲禅寺を徳川家康から賜ってからになります。

 

祥雲禅寺を建立したときの造営奉行を行ったのが、築城の名手と言われた加藤清正でした。

清正の紋は蛇の目が知られていますが、桔梗紋も使用されています。

祥雲禅寺はこの桔梗紋を寺紋にしました。智積院はそれを受けついています。

私が智積院にいた頃は、あまり桔梗はありませんでしたが、現在は桔梗の花が沢山植えられています。

近年は紅葉、梅、桔梗など、花の名所として知られるようになりました。

  紅葉 リンク        梅 リンク         桔梗 リンク

 

※加藤清正の桔梗紋のいわれ

清正は桔梗紋を使用していませんでしたが、秀吉の家臣である尾藤知宣がが使用していた紋です。

知宣は秀吉の咎めをうけて失脚し、所領を没収されました。

秀吉は知宣が用いていた家具や武具を清正に与えましたが、これに使用されている紋が桔梗紋でした。知宣の家臣も300人ほど召し抱えています。

ページ上部へ