2006年07月07日

曹洞宗大徳院 埼玉県小鹿野町

奈倉氏の菩提寺・大徳院です。

境内にみえる鳥居は、稲荷神社です。

小鹿野の春日野小学校跡でした。小学校は何度か場所が変わっているようです。小鹿野小学校前身の一つだったのでしょう。

門前にいるのは本郷氏。

奈倉氏の念持仏であった阿弥陀如来像(小鹿野町指定有形文化財)が、残されています。

 

脇に祀られている稲荷神社において、神楽が行われます。

 

門の脇には立派な地蔵菩薩の石仏が祀られていました。

 

 

大徳院 埼玉県秩父郡小鹿野町下小鹿野212 地図

 

奈倉館跡 埼玉県小鹿野町

秩父氏から別れた奈倉氏が移住した場所です。

先ほど行った妙見社のすぐ近くにあります。

かなり広い敷地でしたが、写真を撮り忘れました。

館跡の一角にある石仏などです。

 

天保10年の庚申塔です。

奈倉氏の館は奈倉加賀守行家(1459-1552)、重家、下野守重則の三代の館跡です。
武田信玄の秩父侵攻により重則は討ち死にしました。

 

奈倉館跡   地図

 

追記 2020/07/10

私が調べている摩利支天の遺跡が、ここにありました。摩利支天跡です。

 

 

案内板の一部に書かれています。

 

 

妙見社 埼玉県小鹿野町

奈倉重家が永禄元年(1558)に、秩父妙見社(秩父神社)から勧請しました。

社務所が奈倉会館となっています。

平将門公の子孫・本郷氏と参拝致しました。

左右に仁王様が妙見さまを守っています。神仏習合の名残です。

 

「女歌舞伎」が伝わっています。奈倉妙見宮秋祭りホームページlink

毎年10月第1土曜日に開催されます。

小鹿野町には子供歌舞伎や小森歌舞伎もありました。まだ他の地区にもあるようです。

 

追記 テレビのニュースで見たことがありましたが、女性だけで演じられる歌舞伎は珍しいと思います。

 

妙見社  秩父郡小鹿野町下小鹿野小字奈倉124 地図

 

円満寺 平将平墓 埼玉県皆野町

円福寺は円泉寺と同じ真言宗智山派に属しています。

秩父七福神の札所です。東林寺ホームページ 秩父七福神の札所link

平将門公の墓とも伝えられていますが、円福寺の旧来記には実弟の将平と書かれています。

平将門公の子孫・本郷氏と一緒にお参りしました。

平将平の墓です。

 

畠山重忠の父である重能(平重能)の墓は、畠山重忠公園の一角にありますが、この看板は平将平と繋がりを説明するための部分だと思います。

 

円福寺 埼玉県秩父郡皆野町大字皆野293 地図

 

秩父氏の菩提寺・金剛院 埼玉県秩父市

秩父氏の祖・秩父武綱の開基です。秩父氏の菩提寺として武綱の墓と位牌を祀っています。

元々は真言宗だったと思います。

 

かつては不動明王も祀っていました。

元文のころ、鳩山町の円正寺に授与したようです。ブログlink

 

曹洞宗の方に聞くと、御詠歌を行っていると聞きました。

 

お墓もお参りしたかったのですが、遠慮がありお参りせず帰りました。

よく調べず、案内板も撮しただけでしたので、見落とした物が多く残念に思いました。

 

金剛院の話しを友人にすると、秩父氏墓などを詣でたと話していました。

 

金剛院 埼玉県秩父市下吉田4690 地図

秩父氏館跡 埼玉県秩父市

最初に秩父氏が館を構えた地です。吉田小学校周辺と言われています。

秩父氏は後に中村町へ移りました。

全国に散らばった秩父氏の末流で、最も広く知られているのが千葉氏でしょう。東北地方は千葉姓の方が多くいます。さらに相馬氏など末流が大勢います。

 

ある催しが秩父市内であり、知り合った平将門公子孫の方と一緒に秩父氏館跡に行きました。

共に初めての場所です。

吉田幼稚園

 

吉田保育園

 

「桓武天皇6代の孫、平将常が武蔵権守に任ぜられ、秩父郡中村郷に住して秩父氏を名乗り、その子武基は秩父牧別当を兼ね下吉田牧林に館を築き、その子武綱がこの地に居館したという。武綱より重綱・重広・重能を経て重忠に至る。また、武綱の子孫は畠山・豊島・江戸・葛西・河越氏等の有力な武蔵武士にわかれた。」秩父氏ホームページより

吉田小の前に立つのは、平将門公の子孫・本郷氏です。

秩父氏館は吉田小学校周辺のようです。

 

 

遺構は残っていないようですが、一族は歴史に大きな足跡を残しています。

 

秩父氏館跡  埼玉県秩父市下吉田3833  地図

ページ上部へ