2016年04月06日

伊勢の将門-独特なしめ縄です

平将門が伊勢にいたわけではありません。

伊勢のお詣りの時、お店の入り口には、正月でもないのにしめ縄が掛かっているのに気がついた方も多いと思います。伊勢志摩では一年中掛けたままなのだそうです。

中央に「蘇民将来子孫家門」の木札が墨書きしてあります。蘇民来子孫家の文字がの間にあります。

 

20164621427.jpg

 

蘇民将来子孫の家の意味は、スサノオノミコト(牛頭天王)に由来します。詳細はいろいろなサイトに出でいますので、参照して下さい。

発祥の地-蘇民の杜-松下社

蘇民将来 Wikipedia       注連縄  リンク

通販もあるようですね。

 

平将門に通じると「笑門」としたしめ縄もあります。笑う門には福来たるですね。

 

201646215021.jpg

 

いくつかのしめ縄を掲載します。

 

201646215335.jpg千客万来もあります。
201646215457.jpg

 

20164622015.jpgお多福もありました。
201646215818.jpg

 

 2016462222.jpg

 

2016462237.jpg

 

20164622358.jpg

赤福では蘇民将来子孫家門でした。

201646222634.jpg

虎屋は千客万来でした。

 

「蘇民将来子孫家門」が多いようです。

 

伊勢志摩で見られる注連縄は、伊勢の西郊・玉置町で造られています。 PDFリンク

 

場所は変わりますが、京都にはいろいろな注連縄があるようですが、祇園当たりの民家やお茶屋さんでも伊勢に似た「笑門」と書かれた注連縄が一年中飾ったままだそうです。

近くの八坂神社は元々は祇園社ですが、祭神はスサノオノミコトでした。伊勢志摩と同じような由来があるのですね。

 

さて、どうして注連縄と書くのでしょう。検索で語源を調べると色々出てきますが、「おしえて!goo」の答えが一番気に入っています。 

おしえて!goo  リンク

さらにここからリンクされてある総務省の「官報資料集」最後に言葉の履歴書「しめ飾り」があります。開いたら一番最後を読んでください。なぜ官報資料集にと思いましたが、何かと堅苦しい資料集にこのような試みはいいですね。

官報資料集  リンク

 

私が調べていた妙見菩薩シリーズの内「平将門」PDFをリンクします。興味がある方は見て下さい。  リンク

 

追記 2016/08/29

松下社と末社・蘇民社-伊勢市二見町 ブログ

 

二見浦の夫婦岩

20164621124.jpg

夫婦岩

201646211229.jpg

遙拝所

 内宮参拝の後、二見浦に向かいました。

前回は台風のため、近付くことが出来ませんでした。

 

二見興玉神社は社務所が建て替え中でした。入り口から車で入れないので、大変な労力でしょうね。

経費もかかりそうです。

 

201646212134.jpg

二見興玉神社

 

20164621264.jpg

夫婦岩の遠望

201646212631.jpg夫婦岩の入り口の浜は海水浴場になっています。

 

 

伊勢神宮参拝ー三重県伊勢市

今週月火は石材店の親睦旅行で伊勢神宮、二見浦、斎宮にに同行させていただきました。私にとっては、5回目のお詣りです。

まずは伊勢神宮の内宮(皇大神宮)です。天照大神様を祀ります。

伊勢神宮ホームページ  リンク    

 

201646184555.jpg

まずは鳥居の前で一礼。

帰るときも同じく一礼をします。

201646184615.jpg

五十鈴川で手を洗いました。

以前来たときより、かなり水量が多いです。

201646184750.jpg

サミット前で、かなり多くの方が参拝にみえています。

以前来たときより何倍もの参拝者です。

201646204741.jpg

正宮前は記念写真を撮る人々でいっぱいです。

 

おはらい町通り、おかげ横町は、雨の中でも多くの観光客が訪れています。

201646195946.jpg

 

伊勢の名物と言ったら、赤福餅と伊勢うどんは欠かせません。

赤福餅はドラマですっかり有名になり、今では全国区ですね。

201646185117.jpg

赤福餅

ここで食べるのと、お土産で自宅で食べるのでは、雲泥の差です。美味しいですよ。

201646185218.jpg

伊勢うどん

前回来たときより、かなり柔らかめでした。残念。

201646191047.jpg

伊勢地方のしめ縄は、一年中飾られています。独特の形と文字が書かれています。

しめ縄は次回に詳しく掲載させていただきます。  リンク

 

翌日は外宮(豊受大神宮)のお詣りです。豊受大御神を祀ります。

20164619280.JPG

正宮

201646192953.jpg

外宮はいつ来てもすいていますね。

201646193747.jpg

別宮(多賀宮)

 

201646194349.jpg

 これから新緑の頃になると落ち葉が多くなり、掃き掃除が大変だそうです。

 

二見浦は次回になります。

 

 

ページ上部へ